4人家族で借りる賃貸物件、最適な間取りのタイプは?

家族の人数に応じた間取りを選ぼう

賃貸マンションやアパートを借りるときは、どのような間取りにするのかも決めておく必要があります。一人暮らしの場合なら、ワンルームや1LDKなどが選ばれることが多くなっていますが、同居する人がいるとより広い部屋を選ぶことになります。ファミリー世帯では夫婦と子供2人など4人暮らしになるケースも多くなっています。4人とはいえ、子もまだ小さくそれぞれが独立した部屋はまだ必要ないという場合は2LDKもおすすめです。夫婦の寝室と子供の寝室に分けることもできますし、家族全員で同じ寝室にしもうひとつの部屋を仕事部屋とする方法もあります。テレワークが多い場合も、独立した部屋があれば仕事に集中しやすくなります。子供の成長に応じて、部屋の使い方も変えていくと良いでしょう。

子供がある程度成長してきたら

子供も成長してきた、兄弟が異性という場合は別々の独立した部屋を持たせることも考えていきたいところです。2LDKではそれも難しくなりますので、より部屋数の多い部屋も検討することになります。個室が必要な子供2人と両親で暮らすのなら3LDKが向いています。これなら、子供部屋が2つと両親の寝室を持つことができるので、それぞれのプライバシーも守りやすくなります。将来子供が増える予定がある場合や、夫婦が寝室を分けたいとき、さらに来客が多いなどの場合はより部屋数の多い4LDKも向いています。購入とは違い、賃貸は子供の成長や家族の増減などに応じて最適な部屋を選べるというメリットがあります。家族が多くなると物も増えるので、収納スペースが十分にあるかどうかも確認しておきましょう。

新型コロナウイルス感染症対策の一環として、リモートワークが普及しています。そのため、札幌西区の賃貸オフィスを利用して仕事を行う人が増えてきています。