3人家族で借りる賃貸物件の最適な間取りの目安は?

3人家族向けの賃貸物件の選び方や1LDKの間取りの特徴

3人家族で借りる時の賃貸物件の間取りがどんな種類があるのかご存知でしょうか。人気がある3人家族向けの賃貸物件の間取りは、1LDKと2LDK、3LDKの種類です。間取りの種類によって使い勝手も違ってくるので、どのタイプが自分たちにぴったりなのかと迷うこともあるかも知れません。お子さんの年齢や将来のライフプランによっても、3人家族向けの最適な間取りは異なります。家族の将来の生活スタイルをイメージしながら、最適な間取りの種類を選ぶことがポイントです。 1LDKの間取りは、お子さんがまだ小さい家庭に最適な種類になります。1LDKというのは、8帖以上のリビングルーム1室と居室1室がある間取りのことを指します。部屋数が少ないことから、赤ちゃんや小さなお子さんがいても目が届きやすいです。

2LDKと3LDKの賃貸物件の特徴

2LDKの間取りの種類は、3人家族向けの賃貸物件のなかで1番人気があります。そのため、物件数も他の間取りよりも豊富で選択肢も増えます。間取りはリビングルーム1室と2室の居室がある種類です。お子さんが小さい間は家族の寝室と趣味の部屋として使ったり、子どもが大きくなったら夫婦の寝室と子供部屋に分けることもできます。お子さんの成長に合わせて間取りを工夫して使えます。3LDKの間取りの種類は、リビングルーム1室と3室の居室があります。

居室の数が多いため、寝室や趣味部屋、子供部屋や収納部屋、ゲスト用の寝室など、色んな用途に使えるでしょう。将来お子さんが増える予定があるという場合や、ゆとりのある快適な住まいで長年暮らしたい、といった希望があるときに最適な間取りの種類です。