4人家族で借りる賃貸物件!注意するべきことは?

快適に暮らせるだけの居住面積を

居住面積は居住人数を考慮して決める必要があります。4人家族の家庭が賃貸物件を借りる場合は、少なくとも50平米以上の広さを確保しましょう。その2倍くらいのスペースがあれば、開放感あふれる空間を実現できますし、動線がスムーズになるのでストレスを感じにくくなります。家というのは住んでいる過程で、狭くなっていくことが多いです。例えば子どもが大きくなれば、子ども部屋を欲しがるようになるかもしれません。また電気製品の種類が増えていき、スペースを消費する事例も多いです。4人家族が快適に暮らせる賃貸物件を見つけるためには、今現在において不便を感じない広さがあることを前提として、5年後や10年後の状況も含めて考えてみましょう。

部屋はひとり一部屋が基本

快適な生活を実現するには、プライバシーの問題を無視できません。居住面積が狭すぎる、部屋が足りない、といった状況ではプライバシーが損なわれる可能性大です。誰にも干渉されない時間が欲しいのであれば、部屋は少なくとも人数分は必要でしょう。具体的にはリビングを除いて、4部屋を用意したいです。

居住者に高齢者がいるのであれば、居住する階数はなるべく低いほうがいいでしょう。低層マンションやアパートは、一戸建て感覚で住むことができます。また室内を安全に移動するには、段差がないことがポイントになります。賃貸物件を選ぶときは実際に見学させてもらい、生活に支障が出ないかシミュレーションをしてください。家具と家電を配置したうえで、動線をイメージしてみることも大切です。