3人家族で借りる賃貸物件の家賃の相場は?

3人家族で借りるケースの最適な賃貸物件の広さ

子どもが生まれた事や成長した事をきっかけに、3人家族で借りられる賃貸物件に引っ越す計画があるという人もいるでしょう。今住んでいる賃貸物件よりも間取りが広く、部屋数の多い住居を探しているときは、3人家族で必要な間取りの広さについて知っておきたいと考えることもありますよね。3人家族で賃貸物件に住む場合、最適な間取りの広さの目安は、40~50平方メートル程度と言われています。これらの広さの間取りのタイプは、1LDKや2DK、2LDKの間取りのタイプの部屋に当てはまります。もっとゆとりのある間取りの広さがいい、今後お子さんが増える予定があるときは、60~75平方メートル程度の2LDKや3LDKの間取りのタイプの賃貸物件を選ぶのもよいでしょう。

家賃の出費が増える!3人家族で借りる賃貸物件の家賃について

今まで夫婦2人に適した広さの1Kや1DK、1LDKに住んでいたという人は、これから広い間取りの賃貸物件へ転居するにあたり、家賃はどのくらい増えるのか?といったことも気になりますよね。3人家族の住まいで一番よく選ばれる2LDKのタイプの間取りで、40~50平方メートルの広さの賃貸物件を借りた場合の家賃の相場は、7万円~15万円程度の費用になります。家賃の相場は、建物の種類やグレード、住んでいる地域や駅からの距離などによっても異なります。

建物の築年数が浅くて設備が整っている物件は家賃が高めになります。そして、都心エリアや最寄り駅からの距離が近い物件も家賃は高くなる傾向があります。家賃の目安は収入の三分の一と言われています。自分たちの収入と照らし合わせながら、ライフスタイルに合う建物や立地の賃貸物件を選びましょう。